RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

JAQUWA

masAto/
<< Reunion Mini-Concert at Niranjana School 2019 in Sujata Village after 7 years | main | A message of the new year 2020 >>
A message of condolences and gratitude in 2019
0
    A message of condolences and gratitude in 2019

    2019年、令和元年、日本列島各地で発生した集中豪雨、台風、
    酷暑、地震等の激甚災害、並びに世界中で発生した地震、津波、噴火、
    ハリケーン等の自然災害、テロ、暴動、事件、事故等によって犠牲と
    なられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げると共に、
    世界中で依然として難民生活を余儀なくされる人々、そして、子供達が
    暴力の連鎖、負の連鎖に陥るのではなく、明日への希望、平和、そして
    平穏な元通りの生活が取り戻されることを心よりお祈り申し上げます。

    今年一年、JAQUWAを応援いただき陰ながら支えていただいた
    皆様に対し、心より深く感謝御礼を申し上げます。
    改めてありがとうございました。
    皆様のJAQUWAに対するご理解とご厚情が我々の活動に大きな力を与えて
    頂いていることは間違いなく、皆様お一人お一人のお言葉、想いが
    私共の活動の原点にあります。改めて厚く御礼を申し上げたく存じます。

    今年は9.11米国同時多発テロ事件より18年目となり、9.11に関する
    現地報道はプロパガンダに終始しており、ご遺族に寄り添うかつての
    報道は陰を潜め、記憶の風化が年々加速度を上げて著しく進んでいる
    印象を受けます。
    だからこそ本活動を継続することの意義を噛み締めつつ、自問自答を
    繰り返しております。

    ウクライナ疑惑によりトランプ大統領が弾劾訴追され、共和党、民主党
    与野党の攻防が本格化する中、NYの雰囲気は依然として分断よりも融和
    を訴えるメッセージ等が一貫して散見される様相のさなか、
    9月8日、幸運にも3年連続してニューヨーク市マンハッタン区
    ダウンタウンのグリニッジ・ヴィレッジ地区にある文化協会
    Tenri Cultural Instituteより招聘を頂きましたことから、
    犠牲者追悼演奏の志を同じくする素晴らしいアーティストの皆様
    と共に、心を込めて演奏をお届けさせて頂く機会に恵まれました。
    改めて関係者のみなさまへの感謝の念に堪えません。

    そして、12月21日、7年ぶりにインド貧困州のビハール州ブッダガヤ
    スジャータ村ニランジャナスクールよりも招聘を受け、7年ぶりの再会、
    そして小演奏会を開催させて頂く機会に恵まれました。

    現地の子供たちのみずみずしい歌声を収録させて頂いたJAQUWA通算7枚目の
    アルバム"White-wAll"の制作が大詰めを迎えております。
    年明けのリリースに向けて引き続き関係者の皆様と準備作業を進めて
    参るとともに、来年は東京オリンピック開催年となりますが、
    引き続き日本の伝統楽器である箏とSaxの新たな音色を
    世界中の一人でも多くの方々に、お楽しみ頂けるように、
    和洋融合の原点コンセプトを忘れず、これを更に進化させるべく、
    これからも一歩一歩着実に粘り強く日々精進を続けて参りたいと想います。

    来たる2020年が皆様にとって素晴らしい実り多き年と
    なりますことを心より祈念しております。
    どうぞ良い年の瀬をお迎えくださいませ。


    In 2019, it is the beginning year of Reiwa era in Japan, I, JAQUWA,
    would like to express my sincere condolences to the victims
    and survivors of regional serious disaster, for instance,
    extreme heat, local severe rain, typhoons, and earthquakes, in addition,
    globally occurred natural disasters, terrorisms, riots, accidents and others.
    Furthermore, many people specifically children, are still suffering
    from their lives as refugees in the world even now.
    Would like to pray that they will have some hope for the future
    rather than fall into a cycle of violence, negative chain, and
    restore their ordinary peaceful lives accordingly.

    This year marks 18th anniversary of the September 11th Attacks
    in 2001. JAQUWA, fortunately held 9/11 Tribute Concert at Tenri
    Cultural Institute where is located in Greenwich Village,
    Manhattan, NYC for the three consecutive year, together with
    like-minded great artists, based on warmhearted support from
    related people and staffs on September 8, 2019.

    In addition, on December 21, 2019, JAQUWA also fortunately held
    reunion mini-concert at Niranjana School in Sujata Village, Bodhgaya,
    Bihar, India after 7 years.

    At the same time, in order to release JAQUWA's 7th Album named
    "White-wAll" recording would be able to completed Niranjana
    Children Chorus at Sujata Music Studio successfully.

    On behalf of JAQUWA, would like to express our deepest gratitude
    for all the people who support us to the above throughout this year.
    Your heartfelt encouraged support totally energized us
    to keep going forward.

    We are in the final process of making new 7th album "White-wAll"
    which included recording of Niranjana children vivid voices successfully.

    2020 as an Olympic year in Tokyo, in order to evolve the original concept,
    the integration of culture of Japanese tradition and Western, would like to
    work out step by step tenaciously due to entertain the innovative sound of
    Koto and Sax as many people as possible in the world through my compositions.

    May the new year 2020 be a happy and fruitful year.
    All the best.




    | - | 21:19 | comments(0) | - | - | - |