RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

JAQUWA

masAto/
<< Announcement of 9/11 Tribute Concert 2018 by JAQUWA at Tenri Cultural Institute in NY on 9th Sept, 2018 | main |
9/11 Tribute Concert 2018 by JAQUWA @ Tenri Cultural Institute of NY, Union Square Subway Station on 17 th Anniv. Memorial Day of 9/11 attacks
0
    冒頭に台風21号、並びに北海道地震等の相次ぐ激甚災害
    により、全国各地にて被害にあわれている皆様に対し、
    謹んで心よりお見舞い申し上げます。

    一方、米国においても南部ノースカロライナ州に上陸した
    ハリケーン「フローレンス」の被害が拡大しており、
    米CNNテレビによれば、本土上陸前カテゴリー4から5に
    拡大する可能性を示唆しており、その後、15日深夜(日本時間
    16日午後)までに少なくとも13人が死亡、およそ80万世帯が
    停電し、気象当局は引き続き洪水被害などへの警戒を呼びかけ
    ているとの報道がなされています。

    日米共に想定を上回る自然災害の被害が拡大する中、
    9月8日(月)午前便にてNYへ渡航、途中気流の悪い区間も
    あったものの、無事現地に到着することが出来ました。
    ★Tokyo Sky View 0.1

    ★CNN 1,1 1.2



    2018年9月9日(日)15:30〜今年も昨年同様、ニューヨーク市
    マンハッタン区ダウンタウンにあるグリニッジ・ヴィレッジ
    地区にある文化協会Tenri Cultural Institute(TCI)様より幸運にも
    招聘を頂きましたことから、昨年初共演させて頂いたコントラ
    バス奏者の村木充氏に加えて、新たなゲストメンバーとして、
    女性パーカッショニストの松本ちはや氏を迎えた初めてのトリオ
    編成にて演奏会を開催させて頂きました。
    ★Manhattan Distant View 2.0

    ★TCI Rehearsal, Concert 3.0~3.9











    9.11米国同時多発テロ事件より17周年となる9月11日の2日前、
    改めて、突然、命を絶たれた約3,000人の罪なき犠牲者の無念の魂
    に想いをはせ、その生への意志(will)を忘れず、終わることのない
    祈りを捧げること、加えて、次世代の子供たちの明日への希望、
    平和、平穏への祈りも込めた趣旨の追悼演奏会を関係者の皆様の
    深いご理解とご協力の元に今年も無事に開催させて頂く事が
    出来ました。

    改めまして、これまでJAQUWA/寂和を陰ながら見守り、
    支えてくださった皆様、そして、ご支援をいただいた皆様の
    ご厚情に対し、心より深く感謝御礼申し上げたいと存じます。

    今年はトピックスとして、村木充氏、並びに、松本ちはや氏
    をそれぞれフィーチャーし、箏、Saxとのコラボレーション
    にて共演をさせて頂きました。

    加えて、現地NYにて活躍され、2015年、2016年にも共演
    させて頂いたギタリストのShu Nakamura氏も駆け付けて
    下さり、コラボレーションをさせて頂きました。

    舞台終了後、温かい拍手を頂戴し、NY在住の地元の方々
    より心のこもった温かな反響も頂きました。心より感謝の
    念に堪えません。

    改めてご来場頂いた地元のお客様、そして、この貴重な
    機会を与えて頂いたTenri Cultural Institute関係者の皆様、
    今回初めてご一緒させて頂いた共演者様、そして、
    何よりもこれまで陰ながら応援下さったサポーター、
    並びに全ての関係者の皆様に対し、心より深く感謝し、
    厚く御礼申し上げたいと存じます。

    ●JAQUWA/寂和 9/11犠牲者追悼演奏会2018 プログラム
    9/11 Tribute Concert 2018 by JAQUWA at Tenri Cultural Institute of New York
    <will-eternAl〜終わりなき祈り〜>〜追悼、明日への希望の光、平和そして平穏への祈り〜
    "will-eternAl~Owari-Naki-Inori~” -Requiescat, Ray of Hope for Tomorrow, Prayer for Peace and ordinAry-
    3:30 pm, Sunday, September 9th, 2018
    1. Quiet Lights: Soprano Sax Solo
    2. pArfait Amour (prelude): 箏Solo
    3. pArfait Amour (part-1): 箏, Contrabass、Percussion
    4. pArfait Amour (part-3) Silk Waltz/Green Silk Road: 箏, Contrabass, Percussion
    5. My Favorite Things: 箏, Contrabass, Percussion
    6. SAQURA-Soul: Vocal, Piano, Contrabass, Percussion
    7. Michi ~道~: Vocal, Piano, Contrabass, Percussion
    8. will-eternAl~終わりなき祈り~: Vocal, 箏, Contrabass, Percussion
    9. ordinAry (part-1): Soprano Sax Solo
    10. 明日への希望の光-Ray of Hope for Tomorrow-: 箏Solo
    11. Theme of Bass: Contrabass Solo
    12. Theme of Percussion: Percussion Solo
    13. white-wAll: Vocal, 箏, Contrabass, Percussion

    #1,2,3,4,6,7,8,9,10,13: Comp/Lyrics: 武藤正人, Masato Muto
    #5: Richards Rodgers
    #11: Featuring: 村木充
    #12: Featuring: 松本ちはや
    ★Flyer (Designed by Nahomi Maki and masAto/)


    今年もまた、幸運にも現地邦人向け新聞※に本演奏会について
    お取り上げ頂きました。
    ※よみタイム(2018年9月7日号)、
     NYジャピオン(2018年9月7日号)
    ★Local News Papers 4.1~4.3




    明けて10日午前中地下鉄Union Square駅構内の
    9/11 犠牲者の方々の御名前が刻まれた壁面の前にて
    心を込めて追悼演奏をさせて頂く事が、出来ました。
    立ち寄られた多くの皆様より暖かな拍手を賜り、感謝
    の念に堪えません。
    ★Union Square Subway Station 8.1~8.4





    今年もツインタワー跡地の巨大なプールの周りに
    刻まれた墓碑銘の上にいくつもの国旗や花、そして、
    千羽鶴が手向けられ、故人を偲ぶ静かな祈りが滝壺に
    流れ落ちる水音の音と共に寂しく厳粛に響いていました。
    ★Ground Zero 5.1~5.3





    彩り鮮やかに彩色が施されたOculus近郊施設と
    高層階を深い霧に包まれるOne WTC
    ★Oculus, One WTC 6.1~6.3




    難民と移民受け入れ表明を掲げるAscension教会
    ★The Church of the Ascension 7.1~7.2



    雨上がりの穏やかな9/11の朝を迎えるWashington Square Park
    ★Washington Square Park 9.1~9.3




    9.11同時多発テロ事件より17年。NHKの報道では、依然として
    身元が特定出来ない犠牲者がいまだに全体の4割近く1,111人に
    のぼる状況。一方、ニューヨーク市の検視局は去年から新たな鑑定
    技術を導入し、1人でも多くの身元を特定しようと試みているとの
    報道がなされています。
    ★NHK 10.0


    来年は、18年目となりますが、世界各地に蔓延する過激思想家に
    よるテロの懸念、そして、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
    によれば、2017年、紛争や暴力、迫害により、世界で移動を
    強いられた人の数は5年連続で増加しており、2017年末の時点で
    家を追われた人の数は6,850万人に上り、そのうち2017年に
    新たに、もしくは、再び移動を強いられた人は1,620万人と報告※
    されており、世界情勢の不透明感は依然として回復の兆しは見えず、
    むしろ、より混沌とした様相を呈している様に伺えます。
    ※グローバル・トレンズ・レポート(年間統計報告書)2017
    (UNHCR Global Trends - Forced Displacement in 2017)

    今、私達に出来ることは何か。

    今一度、目の前の豊かさの前に忘れ去られた過去の罪なき犠牲者の
    無念の想い、御遺族のどこにもぶつけることの出来ない怒り、哀しみ、
    あきらめがあることを忘れず、見つめなおし、多少なりともその想いに
    寄り添い、次の世代に対し、負の連鎖、暴力の連鎖に未来は無いこと、
    そして、平和への祈りの連鎖こそが明日の平和を創り続けることを胸に
    秘め、微力ながら音楽を通して、次の未来の世代に粘り強く語り継いで
    いきたいと想います。

    このニューヨークの地にて、本年も一期一会の新たな出会いと共に、
    皆様より頂いた貴重なお言葉、ご厚情に心より深く感謝しつつ、
    JAQUWA/寂和は引き続き、新たな楽曲制作、編曲、意匠制作等の
    創作活動に加えて、異なる分野の専門家の方々とのコラボレーション
    等、多方面に模索しながら、更なる飛躍を目指して一歩一歩確実に
    前進し続けて参りたいと存じます。
    ★Tokyo Sky ReView 11.1~11.2



    以上
    JAQUWA-masAto/
    | - | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jaquwa.jp/trackback/883317