RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

JAQUWA

masAto/
<< A message of the new year 2018 | main |
Announcement of 9/11 Tribute Concert 2018 by JAQUWA at Tenri Cultural Institute in NY on 9th Sept, 2018
0
    酷暑の候、暑中お見舞い申し上げます。

    来たる9月9日(日)15:30〜、ニューヨーク市、マンハッタン区
    ダウンタウンのグリニッジ・ヴィレッジに位置する文化協会
    "Tenri Cultural Institute"にて、昨年に引き続き、
    9/11犠牲者追悼の演奏会を開催させて頂くべく準備を進めて
    おります。

    <will-eternAl〜終わりなき祈り〜>
    〜追悼、明日への希望の光、平和そして平穏への祈り〜
    "will-eternAl~Owari-Naki-Inori~”
    -Requiescat, Ray of Hope for Tomorrow, and Prayer for
    Peace and ordinAry-

    9.11同時多発テロ事件より17年。過激派組織「IS(イスラム国)」
    や関係する組織は、依然として世界各地で闘争を続けており、
    加えて同組織の主義・主張に影響を受けた過激思想家による
    ホームグロウンテロやローンウルフ型のテロについても、世界
    各地に拡散する事となり、世界情勢はなおも混迷を極め、混乱
    の渦は収束するどころか、更に拡大の一途を辿るように伺えます。

    一方、2011年3月のアラブの春より7年。ようやく終息の兆しが見え
    つつあるシリアにおいて、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によれば、
    これまで繰り広げられてきた政府軍と反政府勢力との暴力と報復の
    連鎖によって、国の人口の約半数が避難をしており、550万人以上が
    シリア難民として登録され、国内では600万人以上が避難をしており、
    世界で最も多くの難民、国内避難民を出している状況にあること。
    そして、大部分の難民が極めて厳しい貧困に苦しんでおり、シリアの
    子供たちは教育の機会を失っているとの報告がなされています。

    今、私達に出来る事は何か。音楽を通して微力ながら世界中の苦しむ人々、
    子供達に希望の灯をともす事は出来ないだろうか。改めて、テロの世紀
    の原点となった9.11の悲劇の現場にて、亡くなられた約3000人の魂の
    ご冥福をお祈りすると共に、9.11以降も世界中に拡大し続けるテロ、
    そして報復攻撃による罪なき犠牲者への追悼の祈りも込めて参りたいと
    存じます。

    増え続ける犠牲者、そして、心に深い傷を負われた御遺族に寄り添い、
    それぞれの悲劇を風化させず、次の世代に語り継いでいくこと、加えて、
    世界中で今もなお苦しむ難民生活を余儀なくされる人々、そして、子供達が
    負の連鎖、暴力の連鎖に陥るのではなく、明日への希望の光、平和、そして
    平穏な元通りの生活が取り戻されることを願いつつ、突然、命を絶たれた
    罪なき犠牲者の無念の魂、生への意志(will)を忘れず、終わることのない祈り
    と共に、無心の演奏をこのNYの地にて捧げさせて頂きたいと存じます。

    今年は、昨年初共演させて頂いたコントラバス奏者の村木充さんに加え、
    新たなゲストメンバーとして、女性パーカッショニストの松本ちはやさんを
    をお招きし共演させて頂く予定です。
    箏とコントラバスとパーカッションの新たなトリオ編成にて和洋融合の
    コラボレーションをお楽しみ頂ければと存じます。

    夏休み等でニューヨークに訪れる機会がある際には、お気軽に会場まで
    お運び頂ければ幸いです。会場にてお目にかかれますことをメンバー
    一同、心より楽しみにしております。



    以上
    JAQUWA-masAto/
    | - | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jaquwa.jp/trackback/883316