RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

JAQUWA

masAto/
<< [Live Report] 2years after 3.11, Re-Pray and Re-Future vol.2 | main | 2014年新年のご挨拶 >>
2013年犠牲者追悼、JAQUWA深謝と新年展望
0
    今年一年、日本全国そして世界各地で発生した洪水、地震、干ばつ、
    台風、竜巻等の自然災害、伝染病、疫病等によって亡くなられた方々
    一方、暴動、テロ、事故等に巻き込まれ、犠牲となられた方々のご冥福
    をお祈りすると共に、被災地に残されたご遺族、子供達、負傷され療養
    を続けられる皆様、そして、東日本大震災によって未だに避難生活を
    余儀なくされる約27万4千人の皆様が一日も速く元通りの日常の生活を
    取り戻されることを心よりお祈り申し上げます。

    加えて、今年一年、JAQUWA/寂和を応援いただき各地の会場に
    お越し頂いた皆様、blog等をお読み頂いた皆様、そしてメッセージ
    をお送り頂いた皆様、各行事の主催者、共演者そしてスタッフの
    皆様、改めて心から深く皆様のご厚情に感謝と御礼を申し上げます。

    今年一年の主な活動を振り返りますとインド、東京、ニューヨーク、
    埼玉、横浜における新たな舞台にて演奏をさせて頂く機会に恵まれ
    箏とSaxの音色を通して各現地にお住まいの皆様または現地を訪れた
    皆様にお届けして参りました。
    初めて箏の音色をお聴きになる方々、過去に箏をご自身若しくは
    ご家族が弾いておられた方々にも熱心に聴いて頂き、幸運にも
    拍手を頂けた事は改めて深く感謝の念に堪えません。

    特に今年は明治の思想家、岡倉天心の生誕150年・没後100年記念
    の節目に当たり、生家が生糸の貿易商店を営んでいたことから横浜
    を中心に国産シルクの復活と再生にまつわるイベントが開催され、
    新たな楽曲を提供させて頂く機会に恵まれた事から、
    "green silk road〜邂逅/encounter〜"を筝の独奏曲として作曲し
    各地で初演させて頂きました。

    来年、JAQUWAは結成8周年となります。JAQUWA通算6枚目の
    アルバム"white-wAll"のリリースに向けて制作準備に引き続き精進
    して参ると共に、新たな国と地域に根付いた音楽や舞踊とのコラボ
    レーションにも貪欲にチャレンジし、そして、アジアの学童支援の
    活動についても粘り強く継続して参りたいと存じます。

    JAQUWA/寂和は、引き続き過ぎ去った魂の鎮魂と子供達の未来への
    希望をテーマに日本の伝統楽器である和楽器の箏と西洋楽器のSAX
    の音色を通して、和敬清寂のメッセージを伝え続けていきたいと
    想います。

    今年一年、改めて皆様のご厚情に深く感謝申し上げるとともに、
    来たるべき新しい2014年が、皆様にとって実りある素晴らしい
    1年となりますことを心より、お祈り申し上げます。

    どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

    futamiura

    JAQUWA-masAto/
    | - | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jaquwa.jp/trackback/883295