RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

JAQUWA

masAto/
<< 2/17インド・ガンジャード村の学校での芸術祭(WAF)への出演 | main | 2013年犠牲者追悼、JAQUWA深謝と新年展望 >>
[Live Report] 2years after 3.11, Re-Pray and Re-Future vol.2
0
    blogでのご報告が遅くなりました事冒頭にお詫び致します。
    3.11東日本大震災にて犠牲となられた方々の追悼と未だに
    仮設住宅等で避難生活を余儀なくされる被災地で元の生活
    を取り戻すべく奮闘される方々そして明日の希望を夢見て
    頑張っている子供達を微力ながら応援する主旨で沖縄の
    イベンターJACKEROO'Sと共にチャリティーイベントを企画し、
    この主旨に賛同頂いた素晴らしいアーティストの皆さんと
    共に、昨年の福島に引き続き今年は宮城県石巻をテーマに
    開催させて頂きました。




    (Fukushima)




    (Ishinomaki)

    今年はギター2人組DUOで独創的な宇宙観を響かせる"古代
    ナクヤ”、4/8大阪城ホールでの初の単独公演を成功させた
    ロックバンド"おかん"、バイオリン兼シンガーソングライタ
    ーで自然体の透き通った音色を紡ぎだす"羽純"そして、
    "JAQUWA/寂和"の計4組が出演しました。


    (Nakuya Kodai, photo by Keisuke Hirai)


    (Okan, photo by Keisuke Hirai)



    (Hasumi, photo by Keisuke Hirai)

    更に今年は、カンボジアでの活動から3.11震災以降一気に
    方向転換し被災地宮城県石巻に移り住み現地から世界中に
    被災地の最新情報を発信し続ける写真家”平井慶祐"さんと
    沖縄のイベンターJACKEROO'S代表CHO-1さんと共に宮城県
    石巻の今をテーマに会場の皆さんと共にトークセッション
    を行い石巻の特産品の一つとして「おやつ海苔」のご紹介
    と展示即売も頂きました。

    http://store.shopping.yahoo.co.jp/otr-ishinomaki/i02-001.html

    平井さんが撮影された石巻の漁師の皆さん、ご家族の皆さん、
    そして、子供たちの力溢れる迫力の笑顔の写真が会場中に張り
    巡らされさながら石巻パワースポットと化していました。
    その中でJAQUWAが支援するベトナム・トランコンアイ中学校の
    子供達が被災地の子供達を応援するメッセージを込めた絵も
    展示させて頂きました。


    (photo by Keisuke Hirai)

    震災以降、石巻にて被災地の写真を撮り続け"瓦礫に咲く花"
    と題し2011年、2012年と連続して津波にのまれた大地から
    逞しく凛として咲き誇る小さな野花の作品集を発表され続け
    てきた平井さん。
    最新作は、石巻の原点に返り"やっぱり海が好き"。
    石巻の小学生が語ったこの言葉に触発され写真を撮り続け
    られて早2年。ボランティアや復興支援と肩ひじ張らずに
    「気軽に遊びに来てほしい。」と気さくに答えられる素朴な
    メッセージがとても印象的でした。

    http://funny3.seesaa.net/category/7877967-1.html

    JAQUWAは、今年の2月初めて訪れた石巻にて各地で撮影して
    きた現在の石巻の風景写真を会場の皆さんにご覧頂きながら
    この地で亡くなられた約4,000人の魂のご冥福をお祈りし
    追悼演奏をSaxと箏にてさせて頂きました。そして、今回は
    初めてバイオリンの羽純さん、そして、Pianoの竹腰コウセイ
    さんをゲストにお迎えしコラボレーション頂きました。
    会場の皆様からも暖かい拍手を頂けたことは深く感謝の念に
    堪えません。





    (JAQUWA, photo by Keisuke Hirai)

    今回ご来場頂いた皆様の収益金の一部より震災遺児支援募金
    として、あしなが育英会に寄付させて頂きましたのでご報告
    させて頂きます。

    未曾有の自然災害の前に一音楽人として出来る事など皆無に
    等しい事は自明ですが、だからこそ微力ながら亡くなられた
    魂の鎮魂と明日を担う子供達の未来への希望に想いを馳せ、
    音楽を通して表現をするべく、今後ともJAQUWA/寂和は粘り
    強く活動を継続して参りたいと存じますので引き続き皆様の
    応援を頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

    ●Jointly planned by JACKEROO's & JAQUWA/寂和
    2 years after 3.11, Re-Pray and Re-Future vol.2
    〜2周年の追悼と未来への希望のメッセージ〜
    東日本大震災2周年復興支援チャリティ・イベント
    2013.03.17(Sun)

    JAQUWA/寂和 Live @ Haretarasorani-Mamemaite,
    Daikanyama on Mar.17.2013

    #1. white/light/白光 sax solo
    #2. pArfait Amour (re-arranged) 箏/so, qo-to solo
    #3. SAQURA-soul/桜霊 (re-arranged)
    #4. will-eternAl -whenever i remind u-
    #5. white-wAll (re-arranged), collaborated with Hasumi & Kosei Takekoshi

    #1-#5. written by JAQUWA-masAto/(Comp, Lyrics)
    #3. collaborated with Hasumi
    #5. collaborated with Hasumi & Kosei Takekoshi

    以上
    JAQUWA-masAto/
    | - | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jaquwa.jp/trackback/883294