RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

JAQUWA

masAto/
<< 2013年新年のご挨拶 | main | [Live Report] 2years after 3.11, Re-Pray and Re-Future vol.2 >>
2/17インド・ガンジャード村の学校での芸術祭(WAF)への出演
0
    2013年2月17日インド西海岸の最大都市ムンバイが州都に
    あるマハーラーシュトラ州。そのムンバイの喧騒から遠く離れ
    アラビア海に面した静寂に包まれる農村、ガンジャード村ワルリの里。
    ここにある学校ジーワンシクサンスクールにて開催された芸術祭
    ウォール・アート・フェスティバル(http://wafes.net/)に
    今年も微力ながら音楽で彩りを添えるべく、箏とSAXと共に単身インド
    に渡航し、JAQUWA/寂和として出演させて頂きました。










    過去3年間インド最貧困州のビハール州スジャータ村のニランジャナ
    スクールにて開催されたこの芸術祭は心機一転、今回は新たな土地、
    新たな参加アーティスト、新たなボランティアスタッフも加わり、
    これまでとは異なる想像力の溢れる印象的な空間が創り上げられました。

    今回の参加アーティストは、連凧の遠藤一郎氏、ドローイングの
    鈴木ヒラク氏、画家の大小島真木氏、そして、この地の先住民ワルリ族
    出身の画家のRajesh Chaitya Vangad氏他。




    この芸術祭は、当初より一貫して日本人ライターのおおくにあきこ氏が
    企画立案、アーティスト選定を担い、現地ではボランティアコーディ
    ネーターの浜尾和徳氏が中心となり行われており、国際交流基金の
    プログラムとしても承認を受けて開催されてきたものです。そして、
    JAQUWAも第1回、3回に引き続き本芸術祭への招待を頂き、出演をさせて
    頂きました。

    今年もアーティストの活躍のみならず、これを縁の下から支える
    ガンジャード村の人たちからなる実行委員会、そして約40名の日本人
    ボランティアの方々が一体となって推進することで円滑に進められました。

    会場である学校の白い壁にアーティスト達がペインティングを施すことで、
    この学校の文化的価値を高め、子供たちにアートの力、学ぶ楽しさを伝える
    こと、この村のことを、広く、多くの人たちに発信すること、教育環境の
    改善や、インフラの整備につなげることを主な目的として開催されました。

    乾季のため茫漠とした大地、一方アラビア海近郊の海洋性気候とが併存する
    不思議な風景。穏やかな佇まいの学校。その一教室が鈴木ヒラク氏の原始的
    かつ未来的感覚が同居する意匠のドローイングによって満たされ、異次元と
    化していました。教室中の壁、そして天井にもドローイングが施された空間。
    そのスピリチュアルな異空間にてJAQUWAは、箏とSAXにて心ばかりの演奏を
    行って参りました。





    従来のJAQUWAスタンダードに加え、ガンジャード村の子供たちのために
    書き下ろした楽曲"Song for GANJAD"も演奏し、最後のテーマを来場者の
    みなさまと共に合唱をしました。
    ”ありがとう、この大空に生きる全ての魂に伝えよう、今満ち溢れる喜びを
    みんなの声で、GANJAD、ありがとう”という僕なりの子供たちへのメッセージ
    を込めて、作曲作詞したものです。
    昨年にも共演した日本人ダンサーの高須賀千江子氏とのコラボレーションも箏の
    楽曲にて2曲程共演させて頂きました。

    そして今回は地元のダハヌの学生、ムンバイから訪れた学生のみなさんも参加
    されており、演奏の後に楽器に強く関心を持たれた方々が数多く集まって来られ
    ました。箏の弾き方や歴史を簡単にお伝えし、日本の唱歌もみんなで歌い一時を
    楽しみました。





    ご来場いただいた地元の村人のみなさま、子供たち、日本人ボランティアの
    みなさまから暖かい拍手をいただけたことは、感謝の念に堪えません。
    心に深く刻まれました。
    この貴重な芸術祭にて、演奏の機会を与えていただいた主催者、学校関係者、
    共演アーティストをはじめ、ボランティア関係者のみなさま、そして、ご来場
    いただいたすべての方々へ心から感謝申し上げます。改めてありがとう
    ございました。
    多少なりともJAQUWAの音色が地元の皆様の心に残ることが出来たならば無上
    の喜びです。
    そして、このガンジャード村ワルリの里の子供たちが一人でも多く学校で
    学べる機会を得られ、未来へ大きく飛躍し、一日も早く貧困から脱することで、
    彼らが自らこの学校を支援し、自立的に運営することが出来るよう、心から
    願わずにはいられません。



    次回は、3月17日(日)@代官山晴れたら空に豆まいてにおいて、
    3.11東北関東大震災2周年記念の犠牲者追悼、被災地復興支援の
    チャリティイベント"2 years after 3.11, Re-Pray and
    Re-Future vol.2"を沖縄出身のイベンターJACKEROO'sと共に今年も
    開催させて頂きます。
    皆様のご来場を心よりお待ちしております。
    http://jaquwa.jp/liveschedule/


    ●JAQUWA/寂和 Set List/ 4th Wall Art Festival in Warli 2013
    Date: 13:00pm, 17th February, 2013
    Location: At;Jivan Sikshan Mandir Ganjad, Post:Ganjad Village,
    Tal:Dahanu, Dist.:Thane, State:Maharashtra, India

    1. ordinAry (part1)
    2. pArfait Amour (part2)
    3. kAtris
    4. SAQURA
    5. Song for GANJAD
    6. white-wAll

    #1,2,3,4,5,6: comp, lyrics by JAQUWA-masAto/
    #4.6 Collaborated with Ms. Chieko Takasuka as Dancer

    以上
    JAQUWA-masAto/
    | - | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jaquwa.jp/trackback/883293