RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

JAQUWA

masAto/
<< 【祝】will-eternAl, iTunes Music Store他リリース開始! | main | 11/25(Fri)Live@錦糸町rebirth来場御礼 >>
10/29(Sat),30(Sun)Live@沖縄will-eternAlツアー御礼
0
    10月29日(土), 30日(日)沖縄バンターハウス、PEACE IIにて
    行われたJACEKROO's(JKRS)主催イベント"will-eternAl, typhoon
    condition one-vol.503, 504"にご来場いただいた皆様、主催者
    のCHO-1さん、共演者の皆様、店長のTomoriさん、Uemaさん、
    会場スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

    そして、平和祈念公園、南部戦績の鍾乳洞(ガマ)にて行った
    野外ライブにご参加頂いた皆様、同じく主催者のCHO-1さん、
    平和ガイドのMatsunagaさん、共演者のW-D4の皆様、重ねて
    ありがとうございました。
    JAQUWA/寂和メンバー一同、心から深く、感謝、御礼申し上げます。
    m(_ _)m





    今回のイベントは、JAQUWAの通算3枚目(AquA/より5枚目)最新アルバム
    "will-eternAl"のCDリリース記念ライブ、かつ、3年前にも訪れた沖縄
    南部戦績の鍾乳洞(ガマ)に再び訪れ、66年前の沖縄戦の犠牲者の追悼
    と生きたくても生きられなかった小さな子供たちの叫びを未来の子供達
    へ語り継いでいく決意と祈りを捧げるために参りました。

    そもそも"will-eternAl"は、JKRS9周年記念イベント"will"の時に書き
    下ろした楽曲で、主催者であるCHO-1さんがこのイベントに込めた想い
    「willには未来形という意味だけでなく、遺言、意思という意味も
    あり、過去から未来へ向けた平和へのメッセージ」という想いも込めて、
    66年前の沖縄戦の犠牲者、特に子供たちの小さな叫び声"コロサナイデ。
    コロサセナイデ。"を歌詞に封じ込め、作詞、作曲しました。

    振り返れば、3年前の2008年6月、CHO-1さんが主催した南部戦績を巡る
    ツアーに参加させていただき、その中で初めてガマを訪れ、FUNKISTと
    共に演奏することが出来ました。

    あれから3年半、2011年10月30日(日)午前、再び沖縄戦の犠牲者追悼の
    平和記念公園、南部戦績のガマを訪れ、平和ガイドのMatsunagaさんに
    再開し、心のこもった解説を拝聴した後で、"will-eternAl"を心を込
    めて演奏させていただきました。

    「日本人もアメリカ人も中国人も朝鮮人も、ここは魂が眠る場所」

    そう力強く淡々と語るMatsunagaさんの姿が特に印象的でした。





    今回は、滋賀県より沖縄に移住した4人組のFUNK/Soul系ユニット、
    W-D4とツアーを共にし、彼らのオリジナル曲"星"をSoprano Saxにて
    コラボさせていただきました。





    66年前、残念ながらその中で避難した全ての島の人達が亡くなった
    ガマにも3年ぶりに訪れ、3年前はただその薄暗い洞窟の中で感じた
    漠然とした恐怖感が、不思議にも今回訪れた時にはとても懐かしく、
    むしろ暖かい感覚すら感じることが出来ました。
    そして、この洞窟の中にうっすらと残る魂をさらに暖かく包み込む
    ために箏の明るい音色で演奏しようと、自然に心に決めて無心に
    演奏をさせていただきました。

    「このガマは時に島の人達をかくまい、慰め、そして、助けて
    くれた場所」

    Matsunagaさんが優しく切々と最後に語られたその言葉がとても
    印象に残っています。
    そして、演奏中に洞窟の中をふわっと流れた風に乗りながら聴こ
    えてきたフルートの音色が全身の感覚に焼き付いて、離れません。







    29日(土)那覇市国際通りからすぐ近くにあるライブハウスの
    バンターハウス。W-D4のギタリストの「尾崎健太」、弾き語り
    シンガーの「たまたしん」ブルース弾き語りシンガーの
    「HITOSHI」、W-D4と共に参加させていただき、JAQUWAはトリを
    務めました。
    そして、W-D4と初めてのコラボレーションが実現し、"星"
    "Summmer Carnival"の2曲をSoprano Saxにて共演。そして、
    HITOSHIさんとも初のブルースセッションが実現しました。

    30日(日)沖縄市コザにあるライブバーPEACE IIでは、シンガー
    ソングライターの「HIRUGI.co」、沖縄出身のロックバンド
    「助六」、車椅子シンガー「謝花伊早武」そして、前日同様
    W-D4と共に参加させていただきました。
    W-D4と再度共演し、短いツアーの最後に"星""Summmer Carnival"
    "Get Ride"の3曲をSoprano Saxにて、コラボさせていただき
    ました。

    特筆すべきは、"will-eternAl"にてゲストコーラスとして、
    参加いただいたHIRUGI.coさんと念願叶い、同じステージにて、
    "will-eternAl"がコラボ出来たことで、感無量でした。

    演奏直前、約2週間前に急逝したFUNKISTのフルート奏者の
    春日井陽子さんのご冥福をお祈りし、心を込めてコラボを
    させていただきました。





    今回のJAQUWAは、定例メンバーのギター:伊藤 紀彦さん、
    渡辺 淳さん、ドラムス:結城 泰範さんに加え、新たに
    ベーシストの朝永 徹文さんをお迎えし、5人編成にて、
    JAQUWAスタンダードをお届けしました。

    2日間とも沖縄出身の実力派アーティストの皆様に暖かく
    迎えていただき、家族的な雰囲気の中、心を込めて、演奏
    をさせていただくことが出来ました。

    初めてJAQUWAをご覧になるお客様からも手拍子や暖かい拍手
    を頂く事が出来、改めて3年ぶりの沖縄の地に戻り、このような
    機会を与えられたことに心から感謝と喜びを噛みしめながら、
    再び沖縄にまた訪れることを祈りつつ、舞台を終えました。

    ●JAQUWA Live, Set List@沖縄Peace Memorial Park, Gama on Oct.30.2011
    - will-eternAl -whenever i remind u-
    - 君の瞳/kimino:hitomi

    ●JAQUWA Live, Set List@沖縄Bantar House, Mix bar Peace II on Oct.29.30.2011
    1. JAQUWA blue
    2. 虎繭/torA-mAju
    3. SAQURA-soul/桜霊
    4. will-eternAl -whenever i remind u-
    5. 君の瞳/kimino:hitomi

    #1-#5:written by masAto/(Comp, Lyrics)

    以上
    masAto/
    | - | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jaquwa.jp/trackback/883280