RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

JAQUWA

masAto/
<< 2010年犠牲者追悼、JAQUWA感謝と新年展望 | main | 14:46復興への祈り >>
1/21(Fri)Live@六本木morph-tokyo来場御礼
0
    1月21日(金)六本木morph-tokyoにて開催されたブッキング
    イベント"From Now Door"にご来場いただいた皆様、
    ブッキング担当のImadoさん、共演者の皆様、PAのTakahashiさん、
    スタッフの皆様、本当にありがとうございました。
    JAQUWAメンバー一同、心から御礼申し上げます。m(_ _)m

    今回のイベントは、六本木morph-tokyo主催のブッキング
    イベントにJAQUWAとして初めて、出演させていただきました。

    今回のイベントは、ピアノ弾き語り「山田リイコ」、音遊び
    ユニット「凹凸の積み木遊び」、骨太なロック「長尾松雄」、
    ソウルフルな女性ボーカルのファンクバンド「KIKI」
    ファルセットボーカルが独自の世界観を創りだすロックバンド
    「FU」と様々なジャンルの実力派アーティストが集い、心に残る
    忘れ難いイベントとなりました。
    新年初のJAQUWAライブでもあり、メンバー一同心を込めて6曲
    お届けしました。

    今回のJAQUWAは、いつもの定例メンバーのギター:伊藤紀彦さん、
    ベース:三田貴之さんに加えて、今回初めて、ドラムスに結城泰範さん
    を迎え、4人編成にて、従来のJAQUWAスタンダードに加え、新曲を
    セットリストに織り交ぜて挑みました。

    「地球温暖化への恐れと希望」をテーマに以前制作した新曲"MOVE/
    looking for love, love looking for..."をリメイクして初演。
    この曲は、地球温暖化によって毎年世界各地で引き起こされる巨大な
    自然災害の前になすすべもなく犠牲となった方々の鎮魂と
    巨大地震、津波、干ばつ等によって荒廃し砂漠と化した大地においても、
    桜が生きとし生けるもの希望の象徴として咲き続ける事が出来るように。

    そして、今僕たちに出来ることは何だろう?僕たち一人ひとりが日々の
    生活の中で出来る小さな再生(Reduce, Reuse, Recycle etc)を続けていこう。
    一人一人は微力でも、その力が積み重なることで、大きな原動力となりうる。
    との願いを込めて、制作しました。

    ご来場いただいた皆様からも暖かい拍手や手拍子をいただき、
    感謝の念に耐えません。
    今年も1年、JAQUWAを応援してくださる全ての皆様からのメッセージを
    糧として、一歩一歩着実に確実に前進して参ります。

    みなさんの応援なくして、JAQUWAの前進はあり得ません。
    本年も引き続き皆様のご声援をどうぞ宜しくお願いいたします。
    m(_ _)m

    ●JAQUWA Live @ Roppongi morph-tokyo on Jan.21.2011

    1. JAQUWA blue
    2. 虎繭/torA-mAju
    3. MOVE/looking for love, love looking for...
    4. will-eternAl
    5. ordinAry (part1)
    6. white wAll

    #1-#6:written by masAto/(Comp, Lyrics)
    #5: broadcasted by DVD

    以上
    masAto/
    | - | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jaquwa.jp/trackback/879725