RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

JAQUWA

masAto/
<< 12/9Live@両国SUNRIZE来場御礼 | main | 1/21(Fri)Live@六本木morph-tokyo来場御礼 >>
2010年犠牲者追悼、JAQUWA感謝と新年展望
0
    今年も世界中で巨大な地震、火山噴火等の自然災害が発生すると
    共に、テロ、戦争等によって、数多くの尊い命が失われました。

    1月12日ハイチ大地震(M7.0)にて22万人以上、2月27日チリ大地震
    (M8.8)800人以上、4月14日中国青海省大地震(M7.1)2,000人以上、
    10月25日インドネシア・スマトラ島沖地震(M7.7)400人以上、
    10月26日インドネシア・ジャワ島ムラピ山の噴火により300人以上
    の方々の尊い命が犠牲となりました。

    そして、3月29日ロシア・モスクワ地下鉄爆破自爆テロ39人死亡、
    4月10日タイ・バンコク暴動5人死亡(邦人記者も含む)、7月15日
    イラン・テヘラン自爆テロ27人死亡、9月17日イラク・バクダッド
    自爆テロ、11月23日北朝鮮による韓国延坪島への砲撃2人死亡、
    12月18日イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ中部への空爆...

    亡くなられた罪なき犠牲者のご冥福を心よりお祈り申し上げると
    共に、被災地にて今もなお苦しまれる御遺族の皆様を心から
    お見舞い申し上げます。


    そして、今年1年、JAQUWA/寂和を応援いただき、暖かい拍手や
    メッセージを頂いた皆様、本当にありがとうございました。
    改めて、メンバー一同、心から感謝と御礼を申し上げます。

    振り返りますと、短い時間でしたが、今年はインド、ベトナム、
    NYと駆け巡り、数多くの人に支えられながら、かけがえのない
    出会いと別れを経験することが出来たとても貴重な一年と
    なりました。
    特に思い出深いのは、2月、インド最貧困州のビハール州
    スジャータ村ニランジャナ・スクールにて、初めて開催された
    Wall Art Festivalに出演させていただき、地元の村に暮らす
    人達、子供達の前で、新曲"white wAll"を披露し、三日月の
    月明かりが降り注ぐ中、地元シタール弾きとタブラ奏者
    との一夜限りのセッションを学校校舎の屋上にて演奏
    させていただきました。
    http://blog.jaquwa.jp/?day=20100228

    5月には、1000人学校プロジェクト第1弾支援先、
    ベトナム・クワンチー省ビンリン地区ビントゥコミューンに
    あるトラン・コン・アイ中学校での実験室開設3周年記念式典
    にメンバーと共に出席し、約300人の子供たちの前で3年
    ぶりの再会を果たし、演奏と交流会をさせていただきました。
    http://blog.jaquwa.jp/?day=20100509

    8月には、終戦記念日にJAQUWA初主催のイベント
    Quiet Lights/寂光を東京で開催させていただき、65本の
    ろうそくの炎の下、戦没者の魂をお祈りするイベントを通じて、
    会場の皆様と共に静かに平和への祈りを捧げることが
    出来ました。
    http://blog.jaquwa.jp/?day=20100819

    9月には、NY,グラウンドゼロのすぐ近くにあるチャペルにて
    9.11から9周年目のその日に念願かない、筝の独奏による追悼
    演奏をさせていただき、ご来場された数多くの来場者の方々に
    罪なき犠牲者追悼のレクイエムを聴いていただき、暖かい反響
    をいただきました。
    http://blog.jaquwa.jp/?day=20100914

    12月には、北朝鮮の砲撃被害者追悼のための新曲"border line"
    を制作し、年内最後の東京でのライブにて披露させていただき、
    ご来場いただいた皆様から暖かい反響をいただきました。
    http://blog.jaquwa.jp/?month=201012

    人種、宗教、民族の別なく世界中の皆様からこれまでいただいた
    言葉では言い表せない一つ一つのとても大きなエネルギーこそが、
    JAQUWAの活動の源泉となっていることは、言うまでもありません。
    来年、JAQUWAは結成5周年を迎えます。この節目の年にJAQUWA通算
    5枚目のアルバム"will-eternAl"をリリースするべく、制作準備に
    引き続き尽力して参ります。

    引き続きJAQUWA/寂和は、過去のさまよえる魂の鎮魂と子供達の
    未来の希望をテーマに日本の伝統楽器である和楽器の筝と
    西洋楽器のSAXの音色を通して、平和へのメッセージを伝え続けて
    参る所存です。

    今年一年皆様のご厚情に改めて感謝申し上げるとともに、
    来たるべき新しい2011年が、皆様にとって素晴らしい1年と
    なりますことをメンバー一同心より、お祈り申し上げます。

    どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

    masAto/
    | - | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jaquwa.jp/trackback/879019